企業における税理士の重要性について

会社が納める代表的な税金

会社が納めるべき税金というとイメージしやすいのが法人税ではないでしょうか。しかしその他にも数多くの税金を納めなければなりません。
そこでこちらでは、法人税以外で会社が納めるべき税金についてご紹介したいと思います。

企業における税理士の重要性について

税理士と顧問契約をしている中小企業または大企業は多くいらっしゃると思います。税理士は税金に関する業務を専門的に行います。もちろんご自身で行っても、大丈夫です。しかし、頻繁に改訂される税法に毎回対応するのは、手間や苦労がかかるということは想像するに容易いと思います。このページでは税理士の重要性についてご紹介しています。

企業が納める税金について

企業が納める税金の種類についてご存知でしょうか。その種類は非常に多く税制の専門的な知識が必要不可欠とされています。決算時にかかるものは法人税、消費税、事業税、都道府県民税・市町村民税です。また、源泉徴収所得税など従業員にかかる税金も納付しなければなりません。企業が土地を所有している場合は固定資産税がかかります。固定資産税は不動産だけでなく、会社の備品もこれに該当します。これらは償却資産税と呼ばれます。その他にも印紙税や登録免許税、事業者税などもあります。これらの税金を計算し、正しく納税するのは容易ではないということがお分かりいただけたと思います。

税務調査

数年に一度行われる税務調査ですが、追徴課税されるケースはそれほど珍しくはありません。税務調査は領収書や帳簿などの申告に誤りがないかチェックするものです。申告の業務には正確性が求められます。経理業務と帳簿作成も正確に行わなければ、税務署からの指摘を受けることになります。税理士はこれらの大変な業務を代わりに行ってくれます。税務調査官への対応など企業にとってとても頼りになる存在です。

企業において、税理士の存在が非常に重要であるとお分かりいただけたと思います。当事務所は江東区にある税理士事務所です。税金に関するお悩みでしたら当事務所にお気軽にご相談ください。
お問い合わせ
渡辺博泰税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
東京税理士会所属