経営革新支援機関とは?

【経営革新支援機関とは?】

日本経済の中心とも言える中小企業の経営不振が現在大きな問題となっております。そこで、中小企業の経営支援をするための制度として経営革新支援機関が認定されました。様々な中小企業がありますが、その中でも税務や財務管理などの専門性の高い分野が苦手で経営不振に陥っている所も多いです。そんな企業の経営分析や事業計画の策定に関わりアドバイスをすることで、日本の経済の発展を見込んでいます。

【経営革新支援機関の支援内容】

資金調達を多様化する

会社開業をする際に最も重要なポイントとなるのが資本金の設定ではないでしょうか。新会社法により、資本金を最低でも1000万円準備しなければならないという制度が廃止されました。そのため、資本金1円からでも会社開業をすることができるようになったのです。節税の観点からいくと、資本金の額は1000万円未満がベストな金額と言えるでしょう。資本金が1000万円以下ですと法人税や消費税などにおいて様々な優遇措置を受けることができるのです。もちろん資本金が少なすぎるのは会社の信用度を低くしてしまう可能性がありますので、ある程度の資本金を準備しておくようにしましょう。

事業計画の策定をする

経営状況や財務状況などを調査して分析します。それにより、事業計画の的確なアドバイスができますし、事業計画を元にした目標達成への支援を行えるので、企業の発展だけでなく、働く従業員へのモチベーションアップにも繋がります。

その他にも経営革新支援機関からの経営支援を受けると様々なメリットがあります。
江東区にある当事務所も、経営革新支援機関に認定されています。税金などの税務業務だけでなく、経営支援業務も幅広く対応しております。会社を立て直したい、経営難に悩んでいるという経営者様のご連絡をお待ちしております。
お問い合わせ
渡辺博泰税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
東京税理士会所属