税理士とは

税理士とは

皆様は、国民の義務として税金を納めています。しかし税金について詳しくご存知の方は、少ないのではないでしょうか。また税に関して詳しい「税理士」という職業をご存知でしょうか。簡単に言うと税金についての専門家ですが、税理士の仕事内容が分からない方もいらっしゃいます。こちらでは「税理士の仕事」についてご紹介します。

税理士の業務

税理士の役割は、大きくわけると2つあり、会計業務や税務申告業務を専門にしています。個人はもちろん、企業や個人の経済活動をサポートする業務を主に行っております。日本には様々な形の税金があります。中でも消費税については、身近な税金としてよく知られていますが、資産に掛かる固定資産税や遺産にかかる相続税など、普段は接する機会がない税金に関しては、よく知らないという方は沢山いらっしゃいます。

所得税、消費税、法人税、相続税などの税金の制度は、一般の方々からすれば非常に難しいものです。税理士はこれらの複雑な作業を円滑にサポートしてくれます。

税務書類の作成

税務書類の作成や申告は、大変な上に時間と手間が掛かり、この手続きが複雑で分からない場合や計算できないという方も多いようです。しかしこの申告により、税金の額が確定する大切な作業になります。専門知識が必要になるため、税に関して知識のない方に代わって、税務書類を作成、税務署への申告の代行、納税のサポートなど、税理士は税金を正しく納めるために活躍してくれます。
例えば自営業の方は、お金に関する報告の確定申告をしなければいけませんが、忙しい方や計算に不安が残る方もいらっしゃいます。税理士は納税を助ける職業ですので、納税はもちろん、税金を運用する国にとっても、重要な役割を果たしてくれます。

江東区に所在する当事務所は、決算、申告はもちろん、法人税・所得税・相続税などあらゆる税金に関してご相談いただける税理士事務所です。税理士をお探しの方がいらっしゃいましたら、ぜひご利用ください。
お問い合わせ
渡辺博泰税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
東京税理士会所属