私どもの業務のすすめ方

私どもの事務所の基本業務

  • 私どもは、原則として「毎月」お客さまの事業所を訪問し、会計資料並びに会計記録の適法性、正確性を確保するために会計事実の真実性、実在性、網羅性を確認し月次決算手続きを行います。
    (月次決算の基となる会計記録は「TKC戦略財務システム」を使って翌月中に作成していただきます)
  • 業績を正確に把握するためには、会計記録の正確性が重要です。私どもは会計記録の正確性の確認を最重要ポイントと位置づけ、月次決算手続きを行います。
  • これにより確定した損益計算書(変動損益計算書)貸借対照表及び「戦略財務システム」の画面を確認しながら、経営者の方に業績の説明を行い、「今後の経営への気づき」を得ていただくお手伝いをします。
  • また、業績報告の過程で、経営者の方が気づいた点についてのご相談や検討が気軽に出る雰囲気を大切にしております。
  • 私ども事務所のシステムから、TKCの計算センターにお客さまの会計記録を伝送し、月次帳表を作成し、お客さまにお届けします。また、必要に応じて事務所のシステムで業績検討資料を作成し、次回訪問時に、お届けします。
  • 期末近くには当期の業績見込み、予想税額を報告し、決算対策検討を行います。
  • さらにこれを基に、来期の簡易な経営計画をたて、今後の行動計画の動機づけとしていただきます。
  • さらにPLAN・DO・CHECK・ACTIONの繰り返しを支援します。
                 
お問い合わせ
渡辺博泰税理士事務所は
TKC全国会会員です
TKC全国会
TKC全国会は、租税正義の実現をめざし関与先企業の永続的繁栄に奉仕するわが国最大級の職業会計人集団です。
東京税理士会所属